アイキャッチテンプレ

こんにちは、Youtubeチャンネルおとうさんスイッチのパパ(@StudioT_ppp)です。

先日、Twitterの質問箱にこんな質問が入っていました。

1
出典:https://peing.net/ja/studiot_ppp

これ、Youtubeコメントなんかでも良く聞かれる質問なんです。

僕はPhotoshopでの画像加工をメインにした動画をYoutubeに投稿しているのでフリー画像サイトは超大切です。

今日は数多くあるフリー画像サイトから僕が日頃よく使っているフリー画像サイトを紹介します。

ひとまずここを押さえておけば僕が作っている合成画像は作れるだけの素材が揃うはず!

Twitter用





PAKUTASO/ぱくたそ フリー写真素材

2
出典: フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

写真素材と言えば、ぱくたその名前が出てくる方も多いかと思います。

「使って楽しい、見て楽しい」をモットーに個人運営されているストックフォトサービスです。

僕が重宝している理由は
  • 無料なのに貴重な人物写真が豊富
  • サイトの使い勝手がめちゃくちゃいい
フリー画像サイトではクオリティの高い人物写真、特に顔が出ているものって少ないです。

ぱくたそはユーザーが誰でも写真素材を投稿できるサービスではなく承認されたカメラマンが撮影しているので一枚一枚のクオリティが高いです。

使い勝手もすごくよくて高解像度の写真がクリックひとつでダウンロードできるのも大きな魅力です。

実際にぱくたその写真を使った代表作がこちら。(モデルさんを使用)

4_Fate
※この動画はこちらから

無料写真素材 写真AC

3
出典:無料写真素材写真AC

無料にもかかわらず膨大な量の写真がある写真AC。

もちろんブログのアイキャッチやYoutubeのサムネなんかのメインに使うこともできますが
個人的にはかゆいところに手が届くサイトです。

他のサイトでは見つからないマニアックな写真でも結構写真ACで見つかったりします。

また、有料会員もあって会員になると高解像の写真もダウンロードできたり
あとで気に入ったものをまとめてダウンロードできたり、たまに素材のプレゼントがあったりします!

何より無料会員だと1日10枚までしかダウンロードできないのが無制限になります!

もちろん僕も有料会員ですがもう戻れないですね、一般会員には。

現在、有料会員の金額は月額976円ですが僕の時は500円前後でした。

サイトにも記載がありましたが今後も値上げの可能性は十分にあるので興味がある方はお早めに!

実際に写真ACの写真を使った代表作がこちら。(モデルを使用)

11_モンハン
※この動画はこちらから

Pixabay · 魅力的なフリー画像

4
出典:Pixabay

無料の海外サイトのPixabay · 魅力的なフリー画像はここひとつでメインのモデルから綺麗な背景までクオリティの高い素材が揃っているサイトです。

特にアートスティックというか芸術的な写真も多く見ているだけでも楽しい!

最近はひとまずPixabay · 魅力的なフリー画像で画像を探してみるっていうのが流れになりつつあります。

ただ、日本語とはいえ海外サイトなのでたまに検索結果が思うようにいかない事も。

実際にPixabay · 魅力的なフリー画像の画像を使った作品
青都会
※この動画はこちらから

textures.com

5
出典:textures.com

意外に知られていないtextures.com。

元々、3DCGのテクスチャーを配布している海外サイトです。
表記は英語でアカウント登録が必要、1日にダウンロードできる枚数にも制限がありますが僕にとっては絶対に必要不可欠なサイトです。

物や人物の写真ではなくこんな感じの写真がメインです。

6
出典:textures.com

7
出典:textures.com

これはどこに使うっていうよりも質感を強くしたり変えたりするときに使っています。

もちろん、3DCGをやっている方は必須サイトです!知っておいて損はないです!

Adobe Stock

8
出典:Adobe Stock


ここでやってきました。AdobeのフォトストックサービスAdobe Stock。

試用期間とかは覗いて基本的に月額3480円の有料サービスです。(通常アセット10点/月)
写真以外にもビデオやAEやPrなどのテンプレートもありますが高クオリティなものはほぼ追加料金です。

写真の豊富さ、クオリティはもちろんのこと色々な検索方法ができるのも魅力的です。
中でも、ある画像をアップロードしてその画像と似た画像を選んでくれる機能は重宝しています。

被写体、カラー、構図、すべての条件など細かい設定もできて、ほしい画像にたどり着くまでの時間が大幅に短くなります。

今はメインとなる被写体、モデルさんはほぼAdobe Stockです。

実際にAdobe Stockの画像を使った代表作。(モデル)

ピコ
※この動画はこちらから

フリー画像サイトを使うときのお願い

attention-303861_1280
ここまでフリー画像サイトを紹介してきましたが勘違いしてはいけないので追記しておきますね。

フリー画像=なんでも使っていい画像じゃありません

規約によって利用可能範囲は様々です。加工を禁止しているサイトもありますし、リンクの表記が必要なところもあります。アダルトコンテンツでの使用がNGもあればOKもあります。

自分たちでは撮れない写真を提供してくれるフリー画像サイトさんは今ではなくてはならない存在です。お互いに大事なパートナーとして利用規約は必ず読みましょう。

サイトによってはわかりやすく簡潔に書いてくれている丁寧なサイトさんもあります。

また、無料のサイトの場合の多くは寄付などが送れます。

これはもちろん自分が無理してまで寄付する必要はないと思いますが日頃お世話になっているサイトの運営の方に今後もっといい写真を提供してもらうためにも少額でも寄付すると喜ばれますよ!



パパさんのYoutubeチャンネル「おとうさんスイッチ」

【チャンネル登録はこちらから!】

【Twitterフォローはこちらから!】